未経験からエンジニア になった先輩の声

未経験からエンジニアになる人はかなり多いです。会社に入社する段階で完全にエンジニア未経験という人は半分程度です。これはプログラミングをやったことがないという意味で、個人の独学で多少プログラミングの勉強をした程度ということになります。会社に入っていてもいなくてもパソコン一台あれば無料でプログラミングの学習というのが可能なので、容易です。スクールに通うメリットというのもあるのですが、面倒であれば自分で調べながらということや、本を見ながら実際にプログラミングしてみると良いでしょう。学校で学べることは基本的なことですが、それは自宅でも容易です。なので、環境に関わらずに自分で好奇心を持って取り組むということが最重要になります。結局好きなのが大切です。

学校に行くメリットは基本以外にも

基本を学ぶという点では学校に行けば勝手に講義してくれるというメリットがありますが、結局は自分で取り組む必要があります。これは学校の勉強などでも、単に授業を受けていても伸びないのと同じようなものです。授業をなんとなく聞いているくらいなら、自分で積極的に学習に取り組んだ方が伸びるということで、環境はあまり関係ないということです。インターネットが今の時代にはあるので、情報収集ができます。本やインターネットを活用すれば手っ取り早いでしょう。しかし、学校は基礎の学習だけでなく、バグの解消を教えてくれるというメリットがあります。プログラミングで一番大変なのはデバッグなのですが、インターネットや本で調べても解消できない場合があります。その際には講師に聞けます。

プログラミングでつまずく原因とは

まずプログラミングをするには環境の導入が必要ですが、そこでうまくいかずに辞めるという人が多少はいます。しかし少数派でしょう。あまりやる気がない場合は環境構築が面倒になって辞める場合もあるでしょうが、ある程度調べればだいたいできます。そして実際にコーディングしていくわけですが、プログラムを実行するとバグのせいで動かないということになります。エラーログが出てくるのですが、この意味がわからないということがつまずきの原因になる場合が多いでしょう。ログの意味はインターネットで検索すればわかるでしょうが、実際自分のプログラムの何が悪いのかがわからなくてはまってしまうという場合が多いのです。これが挫折の大きな原因です。なのでここは上級者に聞ける環境が非常に良いです。