本当に未経験でもエンジニアになれるのか不安なあなたへ

未経験でもエンジニアになれるのは当然のことです。IT業界は新しい業界で、就業者の多くが専門の教育を受けていません。そもそも、IT業界をつくった先人たちは、何もないところからこの業界をつくりあげました。パソコンもインターネットも、プログラムも、何もないところからつくり上げられた技術です。この業界は、経験よりもやる気がものをいいます。せっかく覚えた技術でも、数年で役に立たなくなり、新たな技術が必要となります。単に先人の技術を習得するだけでなく、新しい技術の開発も求められます。経験はあった方が良いでしょうが、それ以上に先進的な気質と仕事への情熱が必要です。やる気があれば他の条件はクリアできます。独学でも習得は可能ですが、実戦に近い研修より習得が早まります。

自分に最適の職種を見つける方法

IT業界のエンジニアと言っても、多くの職種に分かれます。自分にあった職種を選ぶことで、夢のある未来が開けます。ネットワーク、サーバー、オペレーションなどの様々の技術者は、多くが未経験から転進しています。自分に最適の職種を見つけるには、実際の職場を見るか、先輩の話を聞くことが大切です。その上で、実際の研修により適性を見分ける必要があります。とは言え、適性が簡単に見つかるわけがありません。必死で技術を身につける過程で、適性ができていくこともあります。好きこそ物の上手なれという言葉があるとおり、その仕事をやりたいと思う気持ちや、その仕事に熱中でくることが、適性を判断するバロメータとなります。そこでは、経験の有無は関係がありません。これから先の未来だけが可能性を開きます。

集団で切磋琢磨することの必要性

IT技術者となるには、独学でも可能です。しかし、独学で習得するのにはかなり強い意志が必要です。人間は本来怠惰な生き物です。なるべくなら現在の環境のままで楽をしたいと考えるのが普通です。技術を短期間で身につけるには同じ仲間と切磋琢磨することが効果的です。仲間がいればお互いに教えあうことが出来、心配を分かち合うことが出来ます。なりよりも、他の人には負けたくないと言う競争心が芽生えるのが最大の効果です。研修には仲間がいます。自分ひとりではない安心感は技術の習得の励みになります。仲間よりも少しでも早く技術を身につけたいと思う心が、技術の習得を早めます。さらに、大所高所から見てくれる講師の役割も重要です。IT業界の教師は学ぶ側が積極的に働きかけなければ、核心部分を教えてくれることはありません。